Sizzleがはしる

ブロッコリーをよく食べる人のブログ

MENU
SPONSORED LINK

社畜が食べるご飯は「作り置き」一択

食生活を改善したいが、仕事が忙しくて外食やコンビニ飯ばかり。
そんな悩みを持つ人は多いはず。
 

「作り置き」という選択

料理が嫌いな訳じゃない。
毎日自分でちゃちゃっと作れたらどんなにいいか。
ただ仕事が忙しくて時間がないだけ。。
そんなあなたの食生活改善方法は、「作り置き」一択です。
週末に作り溜めして、平日に食べる。
これ、間違いない。

自分はこのサイトをみて作るようになりました。 

 

でも、追加調理とか必要なんでしょ?→不要です。

追加の調理はほとんど不要です。
そのまま食べるか、レンジorオーブンで温めるか。たったそれだけ。
もちろん、追加調理すればするほど美味しく出来るんでしょうが、忙しすぎる人はそういうレシピを選ばなければよい。

 

調理時間は、週末1~2時間のみ

もし1人暮らしなら確実にこの時間に収まります。
料理に不慣れな人は最初はもう少し時間がかかるかもしれませんが、ホントに短時間で完了します。
手際よく料理をやるコツなんかは本の方が分かりやすいです。
いわゆる料理の手際の良さは、どういう順序で料理をやるかということなので、日常料理している人は当たり前にやっていることだと思いますが。

 

衣で覆われていないお肉が食べられる

自分は一人暮らしで、日々コンビニ飯だったのですが、かなり改善されてこんな感じの食卓。品数も5~6くらい。そして美味しい。

f:id:running-sizzle:20160110030202j:image

野菜は増え、衣と油で覆われていないお肉もたべれるようになりました。この、「衣と油で覆われていないお肉」が重要で、コンビニでは手に入らない夢の食べ物でした。

忙しいみなさん、これオススメですよ。