Sizzleがはしる

ブロッコリーをよく食べる人のブログ

MENU
SPONSORED LINK

大学院進学(修士、博士)に迷ったら

今週のお題「今の仕事を選んだ理由」

自分は理系の大学に行き、そのまま大学院へ進学しました。博士号を取得した後、大企業でヒーヒー働いています。
大学院(修士、博士)に進学していいのか、それとも学部卒で就職するべきなのか、迷っている方は多いかと思います。自分もそうでした。今回は迷っている方へのささやかなアドバイスをしたいと思います。結論から言うと、主体的な期待感を持っている方を選択しろ、です。

 

大学院へ進学するべきか

大学院(修士、博士)へ進学するべきか。進学して後で後悔しないか。そんなことは誰にもわかりません。今すぐにでもやりたい仕事があるのなら就職すべきだし、勉強したいことがあって学びたい先生がいるのなら、進学すべきだと思います。

その両者で迷っているのなら、その理由は何でしょうか。はい、では今すぐペンと紙を引っ張り出してきてください!それぞれのメリット(期待感)とデメリット(不安感)だと思っていることを書き出してみましょう。

それぞれの期待感は、主体的な内容になっていますか?

・お金をもらえるから(早く自立できるから)
・○○を学ばせてもらえるから

などの受動的な内容が多い方の選択肢を選ぶと危険です。主体的に自分がやりたいことがある方を選ぶべきです。受動的な期待感で選択すると、何も得られない可能性が高いです。もし、自分が具体的にやりたいことがなくても大丈夫です。自分の未来を切り開いていきたいと思える気持ちがあれば大丈夫だと思います。知りたいことを調べ倒す。考えたいことを考え倒す。お金をいち早く稼ぎまくる。なんでもよいかと。

一方、それぞれの不安感については、どんなにたくさんあっても選択基準にすべきではないと思ってます。新しいことをやるんだから、何をやるにしてもそりゃあ不安です。不安の世界で精一杯、共に戦って生きていきましょう (笑)

ということで、迷ってるんだったら主体的な期待感を持っている方で選択すべきだと思います

 

お前は後悔してないのか

最初に言いましたが、自分は博士まで進学して会社で働いています。博士号までとったのにアカデミックの世界で仕事をしなかった理由は、卒業の時点で、やりたいことが会社にあったからです。結局、現在は博士号をとった内容とはかなりかけ離れた仕事をやっています。ですが、進学したことは無駄だったとは後悔していません。その理由は、今現在やりたいことをやろうとしているからです。なんなら、これからもっとかけ離れた別の仕事でも良いと思っています。ワクワクする仕事を作り出していきたいです。

 

本当にその2択でいいの?

ということも考えてみてくださいね。働くことは生きること。大学と会社勤めの2択以外にも、生きる選択肢はたくさんあるはずです。ここまで読んでくださった学生の皆さんは、よく悩み、よく考え、これからの未来を切り開いていくことができる方々だと思います。社会に単に出ていくだけではなく、社会を作っていくんだという主体的な力強さを育んでいってほしいと思います。自分も頑張らなきゃ(^人^)