Sizzleがはしる

ブロッコリーをよく食べる人のブログ

MENU
SPONSORED LINK

そうだ、親孝行、しよう!【親孝行のアイデア】

親孝行してますか?

親と同居している人、遠く離れて住んでいる人。それぞれにとって、いろんな親孝行の形があると思います。自分は田舎を離れ東京に住んでいて、年に1~2回帰省することはありますが、親孝行と言えるようなことはあまり出来ていません。

最近、ある出来事をきっかけに、親孝行しなきゃと強く思いました。どんなことをしてあげたいか、どんなことができるか考えてみたいと思います

 

目次

 

0. 何をしてあげたいか?

f:id:running-sizzle:20160211012827j:plain

親孝行をする上で大事だと思うことは、親が何をして欲しいかを考えるよりも、自分が親に何をしてあげたいか、だと思います。(親と自分の課題を分離し、目的論で考えます。アドラー的に)
自分の場合、何をしてあげたいかの大分類は次の3つ。

  • 幸せを感じて欲しい
  • 体の健康を維持して欲しい
  • 頭の健康を維持して欲しい

体や頭の健康に良いことをしてあげるのは、比較的簡単かもしれません。登山靴を贈ったり、本を贈ったり。でも、幸せっていうのは難しいですね。何を「幸福」と感じるかは人それぞれだと思います。

では、親孝行関係なく幸せについて考えてみます。自分が感じる幸せについて考えたり、幸福論に関する本を読んだりする中で考えた結果、ヒトノシアワセってのはこんな感じのものだと思ってます。そしてこれらは並列ではなくミックスで効くものだと思います。

  • 自分の経験について人に話しができる(人に話しができるような経験であることが大事)
  • 常にあるものではなく、ご褒美的に発生するもの
  • 人に何かを無償で与える時に得られる
  • 人から認められる
  • 3大欲求が満たされる時に得られる (ただしこの効果は短期的なのも)

一番最初に挙げた、「経験」は、とっても大事だと思っていますが、想像しにくいかもしれません。これは例えば、「子供がこんなことしてくれたのよ」と、人に話す時に感じられるような幸せのことです。ということで、基本的には、ものを贈るだけでも、ちょっと肩を揉んであげるだけでも、話しを聞いてあげるだけでも、ちょっとした何かをしてあげるだけで、幸せをプレゼントできると思ってます。

では、こんなことを考えながら、具体的にどんなことをしてあげたいかを考えてみましょう。

 

1. 今、好きだろうものを贈る

今好きだろうもの。これは結構簡単。例えば、、

  • 趣味関係
  • お菓子や美味しいもの
  • 仕事関係の道具

趣味を知っているのならそれに関連するものをプレゼントする。自分の父親の場合、お酒飲むことがが趣味みたいなものなので、お酒を飲むグラスとか。体に気を使うとあまり贈りたくない気もするが。。母親の場合はお菓子とかかな。

 

 

2. 好きになって欲しいものを贈る

好きになって欲しいもの。これはちょっと頭使う。贈りものの視点としては、、

  • 体の健康に良いもの
  • 頭の健康に良いもの

の視点で考えて贈ると良いと思います。自分の場合は、ちょうど1年前くらいに亡くなった祖母が数年間痴呆症だったこともあり、両親にはずっと体も脳も元気でいてもらいたいという気持ちが強くあります。

痴呆症についてはちゃんと勉強しようと考えてるところではありますが、最近はよくコーヒーがいいとか聞きますね。自分が読んで面白かった本などをあげるのも良いと思います。あとはゲームも脳にはいいと思いますね。自分の両親は趣味が少ない方だと思うので、新しい趣味を見つけるきっかけになればいいなと思います(本当に脳にいいことは何か、ちゃんと勉強しなきゃと反省です。)

 

3. 旅行を贈る

f:id:running-sizzle:20160211012229j:plain

旅行はモノを贈るのと違って、体験を伴うので、幸福感を継続して得られます。もしかしたら一生のものになるかもですね。旅行はとても良い選択だと思います。
旅行のパターンとしては、、、

  • 一緒に旅に出る
  • チケットを贈る
  • おうちに呼んであげる(実家から遠く離れている場合)

 

 

4. お家や近所で出来ること

  • 一緒に楽しめる系:バーベキュー、キャンプなど
  • 日常生活に愛情系:料理などの家事関係

一緒に楽しめる系としては、BBQなんかいいんじゃないかと思ってます。庭でできる場合もあるだろうし、近くの河原に行くのもいいかもしれません。キャンプに出かけても楽しいかも。焚き火しながら、一緒に酒を飲むとか、お互いにとって良い体験になるのでは。実際これはやりたい。とりあえず兄弟と相談してみよっと。

 

終わりに

親孝行について今回真剣に考えた理由は、最近叔母の旅立ちがあったからでした。親が元気なうちしかできないことを、今を、楽しんでもらいたい。そして一緒に楽しみたいと思う今日この頃です。

 

幸せ関連でこちらもどうぞ

running-sizzle.hatenablog.com