Sizzleがはしる

ブロッコリーをよく食べる人のブログ

MENU
SPONSORED LINK

暗号通貨/仮想通貨/Bitcoin(ビットコイン)とは(1)

f:id:running-sizzle:20160309010741j:plain

 

暗号通貨(仮想通貨)について知ってますか??

なんとなく怪しい。

そんな印象ではないでしょうか。

しばらく暗号通貨について勉強していこうと思っており、調べたことを調べながら書いていこうかと思ってます。情報の出典とその発信日時は大事だと思うので、その辺も記録しながらいきます。

 

目次

 

いろいろな疑問点

ぼんやり知っている暗号通貨について、今思いつく限りでの疑問点をあげてみます。

・名称について
  暗号、仮想、どっちよ?ビットコインって固有名詞だよね?

・定義について
  どこからどこまでが暗号通貨なのか。

・歴史について
  いつだれが始めたのか?

・仕組みは?
  ブロックチェーンとかP2Pとかハッシュとかマイニングとかとかとか。

・普通のお金(法定通貨)とどうちがうの?

・なぜ手数料が「わずかに」発生するのか?

・法律上どういう取り扱いになってるの?

・誰がどう使うの?

・価値乱高下してるのに、どうして期待感があるのか?

・いろんなコインがあるみたいだけど何が違うのよ?
  特にCARDANOのADAコインについて他との違いを知りたい。

・Bitcoin2.0ってなんだっけ?

・取引所(両替所)ってなにをするとこ?

・MTGOX(マウントゴックス)事件とはなんだったのか?

・Fintechの中での位置付けと期待度は?

・で、世界を変えられるわけ?

 

疑問点の粒感はバラバラですが、今パッと出てきたのはこんな感じ。少しずつ疑問を解消していきます。

 

名称について

暗号通貨と仮想通貨でググると、下記の記述がありました。

英語名:crypto currency(日本語訳:暗号通貨)

和名:仮想通貨(英語訳:digital currency)

というところでしょうか。

最もよく使われているであろう米国とその英語名に敬意を表し、その日本語訳である「暗号通貨」で本ブログでは話を進めたい。

書籍「仮想通貨革命(野口悠紀雄 著)」によると、コインそのものの取引は暗号化されておらず「暗号通貨」はミスリーディングであるとの指摘あり。ということで、以降では「仮想通貨」で話を進めたいと思う。(追記: 3.12)

crypto-(暗号の)currency(通貨)という英語のとおり、セキュリティ対策として暗号技術がベースにある通貨のことです。日本では「仮想通貨」(digital currency)とも呼ばれます。ただし、広義では、WebMoney・BitCashなどの従来の電子マネーや、オンラインゲーム等で利用されるゲーム内通貨も含まれてしまうため、「暗号通貨」と呼ぶほうが正確と言えるでしょう

http://jpbitcoin.com/about/term/cryptocurrency

 

歴史について:いつ?誰が?

仮想通貨の定義にもよるが、時価総額1位の仮想通貨Bitcoinは2009年に始動している。

2008年: サトシナカモトを名乗る人物が暗号技術に興味を持つ人々が集まるメーリングリストに論文を投稿。したアイデアがきっかけとなって、システムが作られる。

2009年:論文のアイデアがきっかけとなり、システムが作られて、仮想通貨の先駆けであるBitcoinが動き出す。

 

仕組みについて

仕組みについては、わかりやすく解説したページがあるのでとりあえず貼っておく。

他のコインとの差異と関係性を説明はなく、そのあたりを解説したものをそのうち作成したい。

 

動画ベースで仕組みやら特徴について勉強した。参考になったものを貼っておく。

1. 池上彰氏 (2014/11/6 up)

www.youtube.com

 

2.野田悠紀雄 氏 講演 (2014.3.19 up)

 

3.加納裕三 氏 (2015.7.30 up)

 

まとめ

ひとまず、疑問点をあげてみた。これらの疑問点を少しずつ疑問を解消していこうと思う。動画の野田悠紀雄氏の講演は、2014年3月の内容で2年前のものだがとても勉強になる内容だった。学者の立場からみた仮想通貨の世界。興味のある方はみてみてください。