Sizzleがはしる

ブロッコリーをよく食べる人のブログ

MENU
SPONSORED LINK

書籍「シンプルに考える (森川亮)」から学んだこと

世界は僕たちが思っているよりシンプルに出来ているのかもしれない。

書籍「シンプルに考える」を読んだ。本書は、ビジネスで結果を出すための本質について、経営者視点での考えが書かれた本である。

今回は、本書を読んで特に大事だと感じた、3点(ビジネスの本質、プロフェッショナル、幸せについて)に絞って内容を紹介する。ビジネスで継続的に結果を出していくためには、エッセンシャル思考で最も大事なことだけを徹底的に考え抜き、フルコミットするしか方法はない。

 

1. ビジネスの本質

・ビジネスとは、求める人と与える人のエコシステム(生態系)

・ユーザーが求めていることの本質を知ることです。そして、自己満足を排して、その本質に答えることだけに集中する。

・他者との差別化を狙うのではなく、「価値」の提供を行うこと。

・ユーザーが求めているのは「違い」ではなく「価値」です。

コストを出発にしたり、他社製品を出発にしてビジネスを考えたりしてしまうことがあるが、本質は「価値」ですね。

 

2. プロフェッショナル

・ボトムの底上げが組織力の向上につながるーーー。(中略)しかし、本当にそうでしょうか。むしろ、フォワードにトップスピードで走らせる。それに、必死についていこうと努力するから、人は成長していくのだと思います。

・自分の感性で生きる。

会社の教育に頼ろうとする気持ち、少なからずあった。しかし、プロフェッショナルとして考えると、頼り、会社のせいにするなんてもってのほかだ。教育のシステムは、うまく利用するという気持ちで取り組みたい。

また、自分の感性で仕事をするように心がけないと、プロフェッショナルとしての仕事はできないと感じた。会社のいいなりではいい仕事はできない。

 

3. 幸せについて

・人は誰でも、誰かに認められたいと願っている。だから、仕事を通じて世の中の人々に喜んでもらった時に、自分の存在価値を認められたと感じる。それが「幸せ」なのです。

・人々を幸せにするーーー。僕は、これこそ、ビジネスを成功させるう上で、さらに言えば、生きていく上で最も重要なことだと思います。

高い価値を生み出せると、人の手助けとなる。人の手助けとなると、自分の承認欲求が満たされ、幸福度も上がる。ビジネスで成功する、ということは全員でハッピーになる、ということですね。

 

最後に

本書を読み、プロフェッショナルとは何か、という事を考えさせられ、自分の正すべきところを痛いほど感じさせられた。定期的に読み返そうと思う。

 

シンプルに考える

シンプルに考える